メニュー

取り組み - 株式会社アイダスト

お問い合わせ

お問い合わせ

お知らせ

SDGsへの取り組み

カテゴリ: SDGsへの取り組み 作成日:2019年11月27日(水)

SDGsへの取り組み

SDGsとは

sdgslogo

 

SDGs(=持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs))とは、2015年9月に国連総会で採択された、「2030年に向けて国際社会が持続可能な開発のために取り組むべき17の目標」です。

SDGsについての詳細は外務省HP「JAPAN SDGs Action Platform」をご覧ください。

 

アイダストは持続可能な開発目標(SDGs)の理念に共感し、事業活動を通じて社会の持続的発展に貢献します。

1.環境への取組み(廃棄物の再資源化)

sdg icon 03 ja 2 sdg icon 03 ja 2 sdg icon 03 ja 2 sdg icon 03 ja 2

アイダストでは主に神奈川県、東京都内の建築現場で発生したガレキなどの産業廃棄物を運搬し、弊社の中間処理施設で手選別・機械選別によるリサイクル処理をしています。

産業廃棄物は選別処理をすることで、再商品化、再資源化、燃料チップなどの再生可能エネルギーへと生まれ変わります。

 

また、横須賀リサイクルセンターでは大型機械を使用して産業廃棄物のより細かい選別を図り、最終処分場へのゴミの減容化を実現しています。

DSC 1948

2.環境への取組み(収集運搬)

sdg icon 03 ja 2 sdg icon 03 ja 2 sdg icon 03 ja 2

アイダストでは産業廃棄物を収集運搬するトラックを約50台運用しています。

ISO39001、エコアクション21の基準に適合した、安全で、かつ環境にも配慮した運行管理を行っています。

また、女性ドライバーも第一線で活躍しています。

IMG 020

 

3.社内環境

sdg icon 01 ja 2 sdg icon 01 ja 2 sdg icon 01 ja 2 sdg icon 03 ja 2

『人と学び、人と成長し、人と繁栄する』が社訓のアイダストは、何よりも従業員を大切にします。男女の雇用機会平等は勿論のこと、専門性の高い現場において、丁寧に社員教育を行い、技術向上・安全配慮に努めています。
また、SDGs達成に向けた取組みを社内へ浸透させ、全員で協力して、よりよい環境づくりを考えています。

図1

4.近隣環境への取組み

 sdg icon 06 ja 2 sdg icon 04 ja 2

アイダストでは、作業中に粉塵等が飛び散らないための「ミスト」の導入や、周辺エリアの清掃など、細かな環境配慮を行うことで、 近隣住民・施設の方々と良い関係のもと、サービスを展開させて頂いています。

 

 

 

また、運搬車両が出入りする際に生じる泥や汚れを清掃することを心がけています。

さらに、近隣の道路清掃もおこない、周囲に汚れを持ち出さないよう環境配慮もおこなっています。

 

 

オンラインで画像ギャラリーを見る:
https://www.idust.co.jp/news/91-efforts?layout=*#sigProIdcfcf6b5e49

 

5.CSR活動

 sdg icon 04 ja 2 sdg icon 04 ja 2

 

ー教育CSRー

例年、地域貢献の一環として、横浜市内の中学校で『環境問題』をテーマにした出張授業を実施しています。

「食品廃棄物問題」や「廃プラスチック問題」など、私たちの世代で解決しなければならない話を取り上げ、環境問題への自覚を促しています。

 

講義の後は生徒の皆さんと一緒に校外周辺のゴミ拾いをおこな循環型社会を目指すための3R活動を広めています。

オンラインで画像ギャラリーを見る:
https://www.idust.co.jp/news/91-efforts?layout=*#sigProId758a524845

ー協賛CSRー

アイダストは、神奈川県内で開催される各種イベントへの協賛や、横浜DeNAベイスターズへのスポンサー提供等を精力的におこない、地域に根ざした企業活動をしています。過去の協賛活動についてはこちらをご参照ください。

pb4 e

 

地域への取り組み

カテゴリ: 取り組み 作成日:2019年05月20日(月)

地域への取り組み

教育CSRについて

協賛CSRについて

横浜DeNAベイスターズ

横浜で生まれ、横浜で育った株式会社アイダストは、神奈川で開催される各種イベントへの協賛を精力的に行っています。

過去の協賛活動についてはこちらをご参照ください。

近隣住民への取り組み

カテゴリ: 取り組み 作成日:2019年05月20日(月)

近隣住民への取り組み

周辺環境への配慮

弊社では、粉塵等が飛び散らないよう「ミスト」の導入や、周辺エリアの清掃など、細部まで環境配慮を行うことで、 近隣住民・施設の方々と良い関係のもと、サービスを展開させて頂いています。

道路環境への配慮

環境への取り組み

カテゴリ: 取り組み 作成日:2019年05月20日(月)

認証マネジメントシステム

ISO14001(環境マネジメントシステム)

ISO14001(環境マネジメントシステム)
  • 全ての業務において、『3R』をキーワードに、省資源、省エネルギーを推進します。

    ・Reduce リデュース(ゴミ減量)… 本当に必要なものを大切に使おう
    ・Reuse リユース(再利用) … 繰り返し使えるものを選ぼう
    ・Recycle リサイクル(再資源化)… 限られた資源を大切にしよう

    受託した産業廃棄物の再資源化に取組み、リサイクル率の向上を図ります。
  • 環境にやさしいサービス活動の提供に努めます。
    収集・運搬車両のエコドライブを実践し、省エネと排気ガスの抑制に取組みます。
  • 目的及び目標を設定し、その達成に務め、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  • 関係する環境の法的要求事項、及び当社が同意するその他の要求事項を順守し、汚染の予防に努めます。
  • この方針は、全従業員に周知させ、社外へも公開します。

ISO39001(道路交通安全方針)

ISO39001(道路交通安全方針)
  • 当社は、産業廃棄物収集・運搬・処分業務及び解体工事業務を営む上で、 道路交通安全確保を社会的責任の根幹と位置付けて、関係社員及び協力会社 の方々に安全意識を徹底するとともに安全目的、安全目標を設定して、運搬 活動の継続的改善を図ります。
  • 当社は、識別したリスクと機会に従って効果的に行動すると死亡及び致命傷が減少し、これにより組織にとってコスト削減と生産的活動に利用可能な 時間と資源の増加の両方を実現できるものと考えて活動します。 道路交通安全マネジメント(計画・実行・監視・見直し)を確実に実施し、 安全対策を全社員及び協力会社の方々が一丸となって、運搬活動の安全性向 上に努めます。
  • 法令、国が定める指針等及び道路交通安全管理に関する規定を順守し、運搬の安全を確保します。
  • 道路交通安全方針をここに文書化し、関係社員及び協力会社の方々に周知徹底するとともに、教育・指導を徹底します。
  • 道路交通安全に関する情報の連絡体制を確立し、コミュニケーションを図るとともに、それらを積極的に公開します。
  • この道路交通安全方針は、社内・社外に公開します。

エコアクション21

 

エコアクション21

エコアクション21は、環境省が策定した日本独自の環境マネジメントシステム(EMS)です。
一般に、「PDCAサイクル」と呼ばれるパフォーマンスを継続的に改善する手法を基礎として、組織や事業者等が環境への取り組みを自主的に行うための方法を定めています。


「エコアクション21 ガイドライン」の要求事項に適合していることを示すレポートは年一回更新し、公開しております。

→インターネットにおける公表事項

認証マネジメントシステム

カテゴリ: 認証マネジメントシステム 作成日:2019年05月20日(月)

認証マネジメントシステム

ISO39001(道路交通安全方針)

ISO39001(道路交通安全方針)
  • 当社は、産業廃棄物収集・運搬・処分業務及び解体工事業務を営む上で、 道路交通安全確保を社会的責任の根幹と位置付けて、関係社員及び協力会社 の方々に安全意識を徹底するとともに安全目的、安全目標を設定して、運搬 活動の継続的改善を図ります。
  • 当社は、識別したリスクと機会に従って効果的に行動すると死亡及び致命傷が減少し、これにより組織にとってコスト削減と生産的活動に利用可能な 時間と資源の増加の両方を実現できるものと考えて活動します。 道路交通安全マネジメント(計画・実行・監視・見直し)を確実に実施し、 安全対策を全社員及び協力会社の方々が一丸となって、運搬活動の安全性向 上に努めます。
  • 法令、国が定める指針等及び道路交通安全管理に関する規定を順守し、運搬の安全を確保します。
  • 道路交通安全方針をここに文書化し、関係社員及び協力会社の方々に周知徹底するとともに、教育・指導を徹底します。
  • 道路交通安全に関する情報の連絡体制を確立し、コミュニケーションを図るとともに、それらを積極的に公開します。
  • この道路交通安全方針は、社内・社外に公開します。

エコアクション21(環境方針)

エコアクション21
  1. 全ての業務において、『3R』をキーワードに、省資源、省エネルギーを推進します。
    ・Reduce リデュース(ゴミ減量)… 本当に必要なものを大切に使おう
    ・Reuse リユース(再利用) … 繰り返し使えるものを選ぼう
    ・Recycle リサイクル(再資源化)… 限られた資源を大切にしよう
    受託した産業廃棄物の再資源化に取組み、リサイクル率の向上を図ります。
  2. 環境にやさしいサービス活動の提供に努めます。
    収集・運搬車両のエコドライブを実践し、省エネと排気ガスの抑制に取組みます。
  3. 環境目的・環境目標を設定し、その達成に務め、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  4. 関係する環境の法的要求事項、及び当社が同意するその他の要求事項を順守し、汚染の予防に努めます。
  5. この方針は、全従業員に周知させ、社外へも公開します。

 

エコアクション21は、環境省が策定した日本独自の環境マネジメントシステム(EMS)です。
一般に、「PDCAサイクル」と呼ばれるパフォーマンスを継続的に改善する手法を基礎として、組織や事業者等が環境への取り組みを自主的に行うための方法を定めています。

 

「エコアクション21 ガイドライン」の要求事項に適合していることを示すレポートは年一回更新し、公開しております。

→インターネットにおける公表事項

Copyright © 株式会社アイダスト All Rights Reserved.